株価に影響を与える!? 相場のアノマリーとは

ネットキャッシュ

株式市場における考え方の基本は、全ての情報は株価に正しく反映されているというもので、そのことを効率的市場仮説と呼ばれています。

ですが、実際には全ての投資家が同じ情報を持ちそれに基づいて売買しているわけではないので、株価は市場参加者の心理や思惑により大きく揺れ動きます。

 

アノマリー(anomaly)とは、説明のつかない証券価格の規則性。明確な理論や根拠があるわけではないがよく当たる相場の経験則や事象のことを指します。

相場での値動きには、様々なアノマリー、すなわち根拠のない経験則に株価が左右されやすく、実際の売買ではこうした特性を頭の中に入れて柔軟にトレードすることが大切です。

 

 

1.相場の主なアノマリー

時期 アノマリー 発生する事象
1月 1月効果 欧米ファンドの分配金が再び投資に回されることなどから、1月相場は高くなる可能性が高い
 4月 新年度効果 日本において、新年度ということで資金が株式市場に入るため、4月相場は高くなる可能性が高い
5月 セル・イン・メイ ヘッジファンドの多くが決算を迎え売りが出るため、5月は株価が軟調になりやすい
 7月 サマーラリー 欧米の金融機関が下半期に入るため、株式市場に資金が入りやすい
8月 夏枯れ相場 機関投資家が夏休みとなるため、売買高が減少する。また、小型株が人気化しやすい相場となる。
 10月  ハロウィーン効果  ヘッジファンドの決算期が近づくため換金売りでハロウィーンの頃に安値をつける傾向がある
12月 掉尾の一振 クリスマス前後から年末にかけて株価が上昇しやすい

 

この表には加えていませんが、節分天井・彼岸底(2月上旬に高値をつけるが、3月中旬には安値をつけやすい)という相場格言は、非常に有名ですが、近年滅多に見られなくなりました。

 

2.アニメも市場に影響を与える!?ジブリのアノマリー

テレビでジブリが放送されると翌営業日の相場が荒れるというものです。
これは、ジブリが金曜日の夜に放送されるため、雇用統計と重なるためであると考えられています。

また、市場の悪材料は週末出やすいので、そのことも起因していると言われています。

 

3.まとめ

今回は季節性のアノマリー、アニメと株式市場の関係をアノマリーとしてまとめました。

市場には、上記以外にも様々なアノマリーが存在しています。

 

アノマリーを覚えることも大切ですが、鵜呑みにして流れについていくと大失敗することもあります。

株の売買は、アノマリーも頭に入れつつ、『会社四季報』の業績見通しや経済ニュースをチェックして判断することが、成果を上げるために必要不可欠となります。

 

スポンサーリンク