四季報読破 2018年春号 厳選40銘柄

2018年新春号では約100銘柄にチェックを入れました。

今回の2018年春号では約70銘柄にチェックを入れ、その中から40銘柄を厳選し、さらにタイプ別に分類しました。

選考基準:連続増収・増益企業、時価総額50~400億円、PBR10倍未満、売上(予)10%成長

※不動産銘柄はストックビジネスモデルのみ選考。
※PERの判断基準は非公開とさせていただきます。

◆配当グロース 5選

⇒予想配当利回り2~3%程度あり、成長力のある銘柄。

TDCソフト
ICDA
日本システム技術
アジアパイル
巴コーポ

◆安定成長 10選

⇒低利回りだが、着実に成長することが見込まれる中長期で期待のできる連続増収・増益銘柄。

タケエイ
翻訳センター
アスモ
東京エレクトロンD
eBASE
データアプリ
ベネフィットJ
富士ソフトSB
協立電機
日本社宅サービス

◆四季報好調な優待株 10選

⇒四季報の効果で権利確定日まで株価上昇、そしてキャピタルゲインと株主優待を合わせて手にしたい、そんな銘柄。

エイジア
イデア
メディカルネット
コラボス
スペースシャワー
エンビプロ
ジェイリース
リックス
三谷産業
ラアトレ

◆急速成長株 15選

⇒売上成長10%超、利益15%成長が期待される、飛ぶ鳥を落とす勢いの絶好調新興株。株価3~10倍を狙う株。

エムビーエス
エムケイシステム
モバイルF
PR TIMES
バリューゴルフ
CAP
ニーズウェル
トレードワークス
すららネット
NICA
リンクバル
オーケストラ
エスユーエス
プレミアグループ
シルバーライフ

 

 

●注記●

太字の15銘柄は特におすすめの銘柄、あるいは管理人の保有株です。

投資は自己責任で宜しくお願い致します。

コメントを残す