企業の資産価値を判断するPBRの活用法

株の割安度を表す指標は「PER」のほかに「PBR」があります。
PERが企業の収益性から見た評価であるのに対し、PBRは財務面から見た評価です。

PERの正しい使い方・注意点

PBRを気にするということは、企業の健全性を意識するきっかけになることと思います。
今回は、会社の資産内容の判断、リスク回避の上で欠かせない指標の一つ、PBRのキホンと使い方を解説します。

 

 

1.PBRとは

PBR(Price Book-value Ratio:株価純資産倍率)は、株価が1株当たり純資産の何倍になっているかを見る投資指標です。
現在の株価が企業の資産価値(解散価値)に対して割高か割安かを判断する目安として利用されています。
一般的には、PBRは中長期での運用を前提としている人に適した指標と言われています。

純資産は会社の総資産から負債を引いた金額のことであり、純粋にその会社の資産といえる部分のことです。
また、純資産は株主が最初に出資したお金に、会社が稼いだ利益を加えた金額でもあります。
つまり、純資産は株主から預かっている資産と言えるのです。

そして、これを1株あたりに割り振ったものが株主に属する1株あたりの資産金額ということになり、「1株当たり純資産」と呼ばれます。

株式会社が解散した場合、持ち株数に応じて残りの資産が株主に分配されます。

PBRが1の時には、株価と1株当たり純資産が等しいことを表します。
つまり、PBRが1の時に会社が解散した場合には、投資した金額がそのまま返ってくることになります。

PBRが低ければ低いほど株価が割安と判断でき、理論上は1倍を下回らないことになっているが、1倍を下回っている割安な銘柄も存在しています。

 

PBRは、以下の公式により算出されます。

1株あたりの純資産額(BPS)=純資産÷発行済株数
PBR=株価÷1株あたりの純資産額(BPS)

 

2.PBRの活用法

上述の通り、PBR1倍以上の状態であるはずなので、PBRが低い企業を見つけることができれば、割安で株を保有することができるためリスク回避が可能になるでしょう。

ところが、実際には1倍割れの会社は何社もあります。これは、赤字企業や、今は業績が赤字転落していなくても将来性がないと考えられている企業、一時的に優良企業が大きく値下がりし割安となっている場合などが考えられます。

赤字企業の場合、純資産そのものが減っていますので、今の純資産をもとに計算したPBRが1倍を割れていても買いのチャンスとは言えません。

一方で、将来の見通しの良い優良企業にもかかわらず一時的に調子が落ちている、あるいは株式市場全体の暴落につられて下がったなどの理由でPBR1倍を割れている場合には、買いのチャンスになります。
この場合は一時的な理由で売られていたため、やがて再評価されてPBR1倍の適正水準まで回復することが期待できます。

 

3.まとめ

PBRは知らなくてはならない指標の一つですが、本来、株式投資は企業の将来性に投資することであり、現在の資産をもとに算出されたPBRだけに頼って投資をすることは難しいと言えます。
あまりにもPBRが低い銘柄は倒産の可能性があることを十分に考慮しなくてはなりません。

PBRだけでなく他の指標、IRを確認しながら総合的に投資判断することを心がけましょう。

スポンサーリンク







このページの先頭へ