[解説] どうして物価上昇が求められているの? インフレ・デフレ時の市場マインドとは

インフレ デフレ アベノミクス

 

けーさん

アベノミクスでは景気を良くするため、「物価を上げること」をテーマにしています。
マイさんは聞いたことありますか?

 

マイ

あー!知ってます!
それテレビで観ました!

“物価上昇率2%目標”ってフレーズに聞き覚えが…!

 

けーさん

お!よく知ってますね!
じゃあ具体的に、どうしてこれから物価上昇が必要なのか知っていますか?

 

マイ

えーっと…
物価が上がるってことは、モノが高くなって…

そうなると、きっとみんなの買い物の意欲がなくなって…

 

マイ

…あれれ?? ホントに物価を上げて景気良くなるの!?

 

 

 

さて、今回のテーマはどうして物価上昇政策を推し進めるのか!?についてです。

恐らく知っていて損はない知識なので、ここで誰でもよくわかるようにご説明します。

 

 

説明の前にまずはキホンから。

  • インフレになると、モノの価値が上がり、カネの価値が下がります。
  • デフレになると、モノの価値が下がり、カネの価値が上がります。

 

これを頭に入れてから読み進めてくださいね。

 

 

1.物価が上がるとは、お金の価値が下がること

現在、日銀はインフレ、すなわち物価を引き上げるための政策を行っています。規制緩和もその一つです。

物価が上がるということは、お金で買える商品やサービスの価値が上がるということ、裏を返せばお金の価値が下がるということです。

 

ここで、最もシンプルでイメージしやすい例で説明します。

例えば、

10%のインフレだと100円のリンゴが110円に上がる。(これは商品の価値が10円分上がったということ)
すると、今まで1000円札一枚出せば10個買えたリンゴが9個しか買えなくなる。(1000÷110=9.09)

⇒これは、1000円札、すなわちお金の価値がリンゴ10個分→9個分に下がったということ。

 

2.物価を上げると景気が良くなる?

デフレ状態とインフレ状態での市場のマインドを解説していきます。

 

デフレになると…

安倍政権発足まで(主に民主党政権時代)はインフレの逆のデフレ。

つまり、物価が下がってお金の価値が上がっていく時代が長く続きました。

そうすると、今日の1000円よりも、明日の1000円の方がより価値がある、すなわち、(お金の価値が上がって)明日の方がより多くの商品が買えるということになります。

 

この状況下では、

「デフレの影響で明日、さらに明後日の方がさらにお金の価値がどんどん上がってくんだね!てことはお金今すぐ使っちゃうより、しばらく貯金しといた方がどんどん貯めたお金の価値上がってくんだ!」という考えから、みんながお金を使いたがらなくなってしまいます。

消費が冷え込むと、当然ながら商品やサービスが売れなくなります。

売れなくなると給料が下がり、さらに消費は冷え込みます。

そして、さらにさらに売れなくなっていきます。

 

 

というように、誰もモノ、サービスを買ってくれなくなるという循環が生まれてしまいます。

これが、みんなもニュースで聞いたことあるはず、デフレスパイラルです。

 

 

逆にインフレになると…

お金の価値がどんどん下がっていく、すなわち、今日の1000円の方が、明日の1000円よりも良い条件(価値の高い時点)で使える。

今持ってるお金は使っておかなきゃ損!ってことです。

 

すると、みんなの消費が活発になり、お金も商品もサービスも活発に行き交うようになり、企業・消費者の収入も上がり、景気が良くなります。

 

これが物価上昇を狙う政策のメカニズムなのです。

 

スポンサーリンク