株主ってどんな人のこと? 株主の権利とは

株主

 

 

1.株主とは

株主とは、株式会社が発行する株式を保有する人を指します。別の表現では、株式会社に対する出資者とも言われます。

株式会社が出資を受け、株式を発行すると出資した人は株主になります。

このように直接株式会社に対して出資をした人がまず株主となりますが、その後、保有している株式を他人に譲渡することもできるので、その場合は、株式を譲り受けた人が株主になります。

ですので、“現時点で会社にお金を出している”、株式の保有者のことを株主と言います。

 

2.株主の権利って何?

株主が有する権利を株主権と言いますが、この株主権は大きく「自益権」と「共益権」2つに分けることができます。

 

①自益権

その1つが自益権です。自益権とは、株式会社から経済的な利益を受ける権利を指します。

代表的なものとしては,剰余金配当請求権です。

株式会社は営利法人であるため、活動から得た利益を株主に剰余金として配当を出すことができますが、その配当を受ける権利が株主には与えられています。

 

②共益権

2つ目の権利が共益権です。共益権とは,株式会社の重要な意思決定に参加する権利,株式会社の経営を監督して是正することができる権利をいいます。

代表的なものとしては,株主総会における議決権(投票権)です。後述しますが,株主総会においては,株式会社にとって重要事項を決定していきますが,その意思決定に参加することができる権利が株主には与えられているのです。

 

まとめ

知っている内容や、普段何気なく享受している権利の内容をご紹介しました。

ですが、自益権、共益権という法的な観点から仕組みを理解することも大切ですので、頭の片隅に入れておきましょう。

スポンサーリンク