親子上場の解消進行中! 各業界ごとに関連銘柄をチェックしよう!

親子上場

 

前回の記事でも説明の通り、親子上場の解消が市場のトレンドとなっています。

直近では、日立化を昭和電工に売却する方針を固めたと伝わった際には日立化の株価は急伸しました。

また、昨年12/4には、一部月刊誌で富士通が「親子上場の解消に向けて動き始めている」と報じたことがきっかけで、[6945]富士通フロンテック、[6955]FDK、[6967]新光電気工業など、[6702]富士通のグループ会社の株価が急騰しました。

このように、親子上場解消に向けたアクションに対する動きが高まっており、市場の関心も集まっています。

けーさん

以上の通り、親子上場の解消に伴って関連銘柄が急騰しています。

関連銘柄をチェックしておきましょう!

 

1.直近で発表された親子上場解消や事業統合の動き

株式投資

昨年10月以降、企業統合や事業統合に関する話題が相次ぎました。

自動車部品メーカーの動き

昨年の10/30には、[6501]日立製作所と[7267]ホンダが、次の部品会社4社の経営統合を発表しました。

  • 日立オートモティブシステムズ(非上場)
  • [7251]ケーヒン
  • [7274]ショーワ
  • [7230]日信工業

これに伴い、これらの上場3社は上場廃止になる予定です。

けーさん

ちなみに、新会社は、自動車部品メーカーとして売上高は国内3位となる見通しです。

 

東芝グループの動き

昨年11/13に、[6502]東芝が次の上場子会社3社に対するTOBを発表しました。

  • [1983]東芝プラントシステム
  • [6256]ニューフレアテクノロジー
  • [6591]西芝電機

今回の親子上場の解消の理由は、以下3点が挙げられています。

  • 「グループとしての一体的な事業推進」
  • 「グループとしての企業価値の最大化」
  • 「ガバナンス体制の強化」

 

また、経済産業省が6月に発表した「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」では、上場子会社においては取締役会における独立社外取締役の比率を高めることを目指すことが基本とされていて、コスト増を避ける意味からも親子上場の解消に至ったとみられます。

 

2.今後、親子上場の解消の可能性がある銘柄とは!?

銀行

けーさん

次の銘柄は、今後親子上場の解消に向けた動きが進められる可能性があると言えます。

大手電機メーカー 関連銘柄

日立グループは現在も次のような子会社や関連会社が上場しています。

  • [5486]日立金属
  • [8036]日立ハイテクノロジーズ
  • [4217]日立化成
  • [6305]日立建機
  • [8586]日立キャピタル

また、三菱電機も次のような関連会社が上場しています。

  • [1948]弘電社
  • [8084]菱電商事
  • [1734]北弘電社
  • [8081]カナデン
  • [4341]西菱電機

 

トヨタ自動車 関連銘柄

トヨタ自動車に関連した銘柄については、数多くの企業が上場しています。

  • [7282]豊田合成
  • [3116]トヨタ紡織
  • [3553]共和レザー
  • [6470]大豊工業
  • [6382]トリニティ工業
  • [7241]フタバ産業
  • [6995]東海理化電機製作所
  • [7283]愛三工業
  • [5992]中央発條
  • [6902]デンソー
  • [7259]アイシン精機
マイ

さすがトヨタ、、多すぎるってくらいにあるわね。

けーさん

本当ですね。

自動車業界はCASEの進展でIT企業との競争が激しくなっているだけに動向は注目です。

 

鉄鋼業界

鉄鋼業界は2002年にNKKと川崎製鉄が、2012年に新日本製鉄と住友金属がそれぞれ統合するなど親会社同士の再編が進みました。

これに伴い関連会社の整理も進みました。

[5401]日本製鉄の子会社・関連会社では以下の企業が上場しています。

  • [2327]日鉄ソリューションズ
  • [5449]大阪製鐵
  • [5481]山陽特殊製鋼
  • [5352]黒崎播磨
  • [5282]ジオスター
  • [9810]日鉄物産
  • [5697]サンユウ
  • [5458]高砂鐵工

また、[5411]JFEHDの子会社・関連会社では以下の企業が上場しています。

  • [4832]JFEシステムズ
  • [9991]ジェコス
  • [5609]日本鋳造
  • [5351]品川リフラクトリーズ
けーさん

ここまで挙げた銘柄は、主にグループ再編の動きから注目された銘柄です。

このほかにも、昨年秋以降の親子上場解消に関する関連物色の中で人気が高まった銘柄には次のような銘柄がありますので、これらも合わせて要チェックです!

親子上場解消に関する関連物色の中で人気が高まった銘柄
  • 親・[5706]三井金属鉱業
    [1737]三井金属エンジニアリング
  • 親・[9613]NTTデータ
    [3850]NTTデータイントラマート
  • 親・[8057]内田洋行
    [4699]ウチダエスコ
  • 親・[6947]図研
    [4770]図研エルミック
  • 親・[4901]富士フイルム
    ⇒[7774]ジャパンティッシュE

 

3.まとめ

日本銀行 中央銀行

今回の記事では、直近で親子上場の解消に向けた各社の動きや、今後そのような動きがみられると考えられる銘柄についてご紹介しました。

大手電機メーカーや自動車メーカーで活発な動きがみられる中、昨年末には[3086]Jフロントリテイリングによる[8251]パルコの株式公開買い付け(TOB)の発表がありました。

TOBについてはこちらの記事で解説しております↓

TOB
買収防衛策って何? 敵対的TOBを仕掛けられたときの対抗策とは
2018年に放送され話題になったドラマ・ハゲタカでは、「ホワイトナイト」や「ゴールデンパラシュート」といったM&A用語が多数登場しています。 これらの言葉は、
2019-08-11 11:00

これまで親子上場の解消は製造業系に多い傾向にありましたが、内需系も動いてきたため親子上場の解消に向けた動きは引き続き高まってくることでしょう。

けーさん

今からでも値上がり益を狙うチャンスも大いにあると感じます。

関連銘柄はしっかりチェックしておきましょう!