株で億り人になるために知っておきたい5つの心理学

プロスペクト理論 アンカリング

 

投資における成功には、単純に株の専門知識と同じくらいに、投資家の心理も重要な要素となります。

 

なぜなら、相場の動き自体が投資家の心の動きを表しているからです。

 

自らが投資家として参入するときには、相場荒れていたとしても、冷静な判断できるようにメンタルのコンディショニングが求められます。

 

今回の記事では、投資で失敗しないために投資家として、認識しておきたい投資心理をご紹介します。

 

 

プロスペクト理論

「プロスペクト理論」は、行動経済学でノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授らによって提唱され、不確実性下の意思決定において人間の心理がどのように働くのかについて論じられています。

この理論を投資に当てはめてみると、
儲けたときの満足感と、損をしたときの不快感を比較した場合、同じ金額であっても、儲けたときの喜びよりも損をしたときの不快感のほうが大きく感じられる、ということになります。

 

利益を得たい心理がはたらく一方で、損失を招くリスクを避ける心理がはたらき、それがかえって大きなリスクを背負うことにつながることになります。

具体的には、

  • 株価が下落したときに、反発する客観的な根拠もないのに、損失が確定してしまうことへの抵抗感からその株を塩漬けにする
  • ほんの少し株価が上がっただけで、下落による利益の目減りを恐れすぐに利食いしてしまう

といった場合がこれに該当します。

 

詳しくはこちらから↓

お金 プロスペクト理論
投資家ならだれもが経験したことがある!? プロスペクト理論って何?
なぜ自分が買った銘柄だけ下落するのか? なぜ株式投資や仮想通貨で含み益を溶かしてしまうのか? また、損を取り戻そうとしてギャンブル性の高い投資行動をしてしまうのか
2018-04-21 23:00

 

 

正常性バイアス

「正常性バイアス」は、物事を正しく見ることを邪魔する認知のゆがみ(バイアス)の一種です。

正常性バイアスは、災害心理学などで使用される用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりする特性を指します。

災害時にこれが働くと、危険な状況であるにもかかわらず、都合の悪い情報を無視して「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと危険性を正確に認識できず、逃げ遅れてしまうことになります。

 

これを株式投資に当てはめると、
明らかに損切りをする局面であるにもかかわらず、正常性バイアスが働くと「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」と保有し続け、その結果、損切りのタイミングを失うことになります。

 

投資を行う際には、根拠のない「大丈夫」という感覚には注意しましょう。

 

 

 

 

 

今これを見て、

「今後気をつけなきゃ」ではなく、「自分には関係ないな、大丈夫だ」と思った方、もう一度言います。

 

注意しましょう。

 

自信過剰バイアス

「自信過剰バイアス」は、正常性バイアスに似たもので、実際以上に自分が周囲の情報を把握していると考え、また自分の能力に過剰な自信を持つ傾向を指します。

 

この心理に陥っている投資家は多く、投資で収益を上げたときの成功体験から「他の人に見えない相場の動きが自分には見える」と信じています。

 

ここで気をつけておきたいのは、必要以上の自信過剰は命取りになるということです。

成功体験だけに意識を向けるのではなく、長期での自らの投資成果の一つ一つを振り返り自分を冷静に見つめ直すことが大切です。

 

アンカリング

「アンカー」とは、船をその場所に留める「いかり」を意味します。

アンカリングとは、判断の際、自分の知っている物事や数字にこだわってしまう傾向のことです。

 

株式投資においては過去の高値を意識し過ぎることで、さらに値上がりをすると思ってしまう「高値覚え」はアンカリングが作用していると言えます。

 

過去を振り返り考えることも大切ですが、株価が指すのは未来です。

投資においては、過去に固執し過ぎずこだわり過ぎずに取引することが求められます。

 

フォン・レストルフ効果

「フォンレストルフ効果」とは、最初の発見者である心理学者で小児科医のヘドウィク・フォン・レストルフにちなんで名づけられ、好みに関係なく、印象深いものや目立つものを脳が優先的に記憶する現象のことです。

多くの広告が目立つ色彩や動きを伴うのは、このフォンレストルフ効果を狙っており、そのほうが記憶に残りやすくなるためです。

株式投資では、新規のIPO銘柄や最近大きな値動きを見せている銘柄など、大きな話題となった銘柄がどうしても記憶に残りやすいですが、その記憶は正しい判断にとってノイズになりかねません。

ある銘柄に心が引かれるときには、このフォンレストルフ効果が働いていないかどうか、注意して自分を見つめ直すことも時に大切です。

 

まとめ

今回紹介した4つの心理以外にも、様々な「心理的な罠」が心の中に潜んでいます。

人間の心の動きにはクセがあり、それらを把握することが、自身をコントロールして冷静な判断をすることに繋がります。

 

 

スポンサーリンク