タバコが500円超!? 禁煙で貯まったお金を運用して株主優待をGETしよう!

禁煙 株主優待

 

現在、日本で発売されているタバコの平均価格は1箱約430円。

消費税、たばこ税の増税により、年々値上げを続けており、この数十年の間に価格は3~4倍になりました。

 

さて、昨日に前の日本経済新聞に気になる記事がありました。

 

フィリップモリス、たばこ値上げ マールボロ500円超へ

米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)日本法人は12日、紙巻きたばこ86銘柄の値上げを財務省へ認可申請したと発表した。10月のたばこ増税を踏まえて価格を引き上げる。値上げは昨年も実施している。主力ブランドの「マールボロ」などは1箱の価格が500円を超える見込みで、紙巻き離れに拍車がかかる可能性がある。

財務省から認可されれば、10月1日から実施される。対象はマールボロのほか、「ラーク」「パーラメント」「バージニア・エス」の主力4ブランド。3銘柄を除いて値上げ幅は50円。

今回の値上げで、ラーク以外の3ブランドは1箱の価格が500円を超える見通しだ。マールボロの主力製品の価格は470円から520円、パーラメントは450円から500円、バージニア・エスも450円から500円となる見込み。日本たばこ産業(JT)などの製品も含め、足元で500円を超える紙巻き製品は極めて少ない。

たばこ業界では増税に合わせ、メーカーが製品価格を引き上げてきた。今回も10月に8年ぶりのたばこ増税が控えており、PMIは値上げ申請に踏み切った。

出典:日経新聞2018.6.12

日本で販売される多くのたばこが、早くて今年10月1日から値上げすることになる、ということです。

愛煙家にとっては、悩ましいニュースであるかと思います。

 

 

今まで値上がりを機に、禁煙を考えた人もいるのではないでしょうか。

 

今回の記事では、来たるたばこ値上げを機に、禁煙を進めるための新たなお金の使い道について提案をしていきます。

 

 

タバコの出費を一度見直そう

タバコに使う金額は、月単位、年単位で考えると、非常に大きな出費となります。

例えば、タバコを1日1箱吸っている人で計算してみます。

1箱の値段が430円だとすると、

  • 1週間禁煙すれば約3000円
  • 1か月禁煙すれば約1.3万円
  • 1年間禁煙すれば約15.7万円

の貯金ができることになります。

 

今後たばこの値段が500円になる場合で換算すると、

  • 1週間禁煙すれば約3500円
  • 1か月禁煙すれば約1.5万円
  • 1年間禁煙すれば約18.2万円

の貯金ができることになります。

 

 

 

禁煙を続けることができれば、たばこでダメージを受けた体も健康に近づいていきます。

禁煙を1ヶ月続けると、咳や痰などの呼吸器の症状が改善します。

呼吸器の機能は禁煙の継続とともにさらに良くなっていき、1年後には、COPD患者さんの肺の機能に改善がみられます。

 

禁煙期間が2~4年になると、狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気のリスクが、たばこを吸う人と比べて大幅に低下し、さらに10年を経過すると、がんのリスクも低下します。

10~15年経つと、咽頭がんのリスクはたばこを吸う人と比べて60%も低下します。また、10~19年で、肺がんのリスクはたばこを吸う人と比べて70%も低下します。

 

 

このように、禁煙の生活が長くなればなるほど、タバコを吸わない人と同じ健康状態に近づきます。禁煙が遅いということはありません。

 

喫煙生活を見直して、その分を貯蓄や投資に回してみましょう。

 

スポンサーリンク