投資家必見! リーマンショックが題材のおすすめ金融映画 TOP3!

リーマンショック

 

ネット証券の普及や、金融緩和の拡大もあり、リーマンショック後に投資デビューを果たした投資家も多いのではないでしょうか。

リーマンショックは、100年に1度の大暴落とも言われています。

 

今回の記事では、リーマンショックが題材となっている金融映画をまとめました。

 

けーさん

過去の重大な出来事から大きな教訓を得られること間違いナシ!

どれも名作です。是非ともチェックしてみましょう!

 

 

1.『キャピタリズム ~マネーは踊る~』

公開:2009年
監督:マイケル・ムーア

 

GMのリストラなどを取り上げた社会派のマイケル・ムーア監督がリーマンショックに迫った2009年のドキュメンタリー映画です。

ムーア監督は、行き過ぎた資本主義、1%の富裕層が底辺の95%より多い富を持ち、独占的に利益を得るといった社会に警鐘を鳴らしています。

リーマンショックの原因となったサブプライムローンなどの複雑な金融商品、その複雑な商品を売りまくった会社、リーマン破綻で国税金7千億ドルを不良債権の買い取りのために投入した資金の行方などを監督自身が追求していく作品です。

 

こちらの作品は、U-NEXTで視聴することができます。(31日間無料トライアル中!)

 

★観た人の感想★

 

>>日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

2.『マージンコール』

公開:2011年
監督:J・C・チャンダ―

 

「マージン・コール」とは、信用取引や外国為替証拠金取引などにおいて、証券会社などの取引業者に預け入れた担保である委託証拠金に一定の損失が生じた際に、取引業者が顧客に通知することを指します。

顧客は、証拠金を追加するか、決済するかの選択を迫られます。

この作品では、リーマン・ブラザーズをモデルとしたと思われる大手投資銀行が、破綻する日の運命の24時間に焦点を当てています。

刻々と揺れ動く危機の状況は鬼気迫るものがあり、投資銀行の幹部たちは自己保身に走っている様子が描かれています。

投資家たちにマージン・コールをする立場の投資銀行が、逆にマージン・コールを突き付けられる形になっているところが見どころです。

フィクション作品ですので、実際のリーマンショックとは違った結論が待っていることにも注目です。

 

こちらの作品も、U-NEXTで視聴することができます。(31日間無料トライアル中!)

 

★観た人の感想★

 

>>日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

3.『マネーショート 華麗なる大逆転』

公開:2015年
監督:アダム・マッケイ

 

 

リーマンショックで巨額の利益を叩き出したトレーダーに焦点を当て描いたノンフィックション作品です。

原作はマイケル・ルイスの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』です。『マネーボール』の著者として有名です。

この作品は、2015年に米国で公開され、日本では2016年3月公開されました。

サブプライムローンを破綻させてしまいかねないということに気付いた4人のトレーダーが世界経済の破綻を予測し、好景気に沸くウォール街の大手金融機関を相手に空売りの大勝負を仕掛けるというストーリーで、スリリングな展開が見どころです。

 

けーさん

作品開始早々に、「MBS(モーゲージ債)」「CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)」といった金融用語がたくさん出てきますが、一つ一つわかりやすく解説があるので、勉強をする上でもとてもオススメの作品です!

 

こちらの作品は、U-NEXTで視聴することができます。(31日間無料トライアル中!)

 

★観た人の感想★

 

>>今なら無料トライアル実施中!<U-NEXT>

まとめ

映画

リーマンショックが題材となった映画だけで、3作品もの映画が製作されています。

U-NEXTでは、31日間無料トライアル実施していますので、この機会に3作品を一気に鑑賞してみてはいかがでしょうか。

 

ノンフィクションの金融映画であれば、『マネートレーダー 銀行崩壊』もオススメです。

こちらの記事で、紹介しているので是非観てみてください。

ノンフィクション映画
投資家必見! おすすめノンフィクション金融映画 TOP3!
洋画には、リーマンショックを題材にした作品『キャピタリズム ~マネーは踊る~』や『マネーショート 華麗なる大逆転』など名作がたくさんあります。 特に、ノンフィクション
2018-10-21 23:00

 

 

スポンサーリンク