証券会社の格付け(レーティング)で株価は動く

レーティング

 

株価はIRや政治・国際情勢によって動きます。

格付け(レーティング)が引き上がった場合、株価は上昇し、引き下がった場合、株価は下落する傾向があります。

 

証券会社の中には、証券アナリストが個別に調査・分析を行った上で、買いや売りなどの格付けを行っています。

格付けは、各証券会社によって表現が異なり、SMBC日興証券の場合、「1」、「2」、「3」で評価し、JPモルガン証券の場合、「Overweight(オーバーウェイト)」、「Neutral(ニュートラル)」、「Underweight(アンダーウェイト)」の3段階式でレーティングを発表しています。

例えば、SMBC日興証券が投資判断を「2」から「1」に引き上げた場合、株価は上昇します。

 

証券会社 段階の数 格付けの表現
大和証券 5段階 1、2、3、4、5
野村證券 3段階 Buy、Neutral、Reduce
SMBC日興証券 3段階 1、2、3
三菱UFJモルガンスタンレー証券 3段階 Overweight、Neutral、Underweight
JPモルガン証券 3段階 Overweight、Neutral、Underweight
ドイツ証券 3段階 BUY、HOLD、SELL
いちよし証券 3段階 A、B、C

 

※ちなみに、ある証券会社がレーティングを引き上げた場合、その証券会社の利害関係人を意識したものとか、逆に格付けを引き下げた場合、証券会社が安値で株式を購入するために格付けを引き下げたとかの俗説も多くあります。

 

 

 

コメントを残す